「ガンダム 仮面舞踏会」とは?

「ガンダム 仮面舞踏会」は、歴代ガンダムシリーズの仮面(?)キャラの仮面を集めていく
メイフォローのトリックテイキングゲームです。

騙すか見破るか、量より質か、質より量か、
戦略とブラフと駆け引きが重要になります。

プレイ人数

3~6人

プレイ時間

1ゲーム約30分

ゲームの目的

同じ色の仮面キャラを沢山集めるか、なるべく集めない。
または同じ色のカードを3枚持っている他のプレイヤーをバーストさせる。

別途準備するもの

無し

同梱されているカード

「ガンダム 仮面舞踏会」には72枚のカードが封入されています。

  • 仮面カード(72枚)
     仮面カードは赤、黒、青、緑の4色にそれぞれ1~18の数字が書かれています。
     基本的にはカードに書かれた数字がそのまま勝利点となり、
     一番点数が多かったプレイヤーの勝利となります。

ゲームを遊ぶ前の準備

ゲームを開始する前に3点準備が必要です。

1.全ての仮面カードをシャッフルし、山札とします。
2.プレイヤーに山札からカードを配ります。
 参加人数によって配る枚数が変わります。
 カードが余った場合、今回のゲームでは使用しません。

参加人数 配る枚数
3人 1人18枚
4人 1人18枚
5人 1人14枚
6人 1人12枚

3.ジャンケン、最近マスクを付けた人、作成したガンプラの数等で一番最初のターンプレイヤーを決定します。
 ゲームはターンプレイヤーから時計回りで進行します。

ゲームの流れ

ゲームの流れは以下のようになります。

  1. 仮面トリック
     (チャレンジ)
  2. 仮面テイキング
  3. ターンの終了

1.仮面トリック

ターンプレイヤーが手札から好きなカードを1枚出します。
その後、時計回りで各プレヤーが1枚ずつカードを出していきます。
出したカードに金色の枠で効果が記載されていた場合、その指示に従います。

※カードを出す際のルール
・パス禁止。必ず1枚出さなければならない。
・ターンプレイヤーが出したカードと同じ色のカードでなくても良い。
 (ただし、後述のペナルティを課せられる場合がある)
・場に出ているカードと同じ数字、小さい数字を出しても良い。

チャレンジ

他のプレイヤーがカードを出した直後に、
「そのプレイヤーがターンプレイヤーと同じ色を出せるにも関わらず意図的に出さなかった」
と思った際、「チャレンジ」を宣言することが出来ます。

※自分がカードを出す前に宣言しても構いません
※複数人が同時に宣言した場合は発声優先となります

チャレンジを受けたプレイヤーは、下記を宣言します。

「Yes(意図的に出さなかった)」 チャレンジ成功
「No(同じ色が無い)」 チャレンジ失敗

チャレンジが成功した場合、
チャレンジを受けたプレイヤーは手札からターンプレイヤーと同じ色を出し直します。
その後、チャレンジを成功させたプレイヤーは下記のどちらかを行います。

A.自分が獲得したカードの中から1色を選び、3枚までチャレンジを受けたプレイヤーに渡す
B.チャレンジを受けたプレイヤーが獲得したカードの中から1色を選び、3枚まで受け取る

チャレンジが失敗した場合、
チャレンジを受けたプレイヤーは下記のどちらかを行います。

C.自分が獲得したカードの中から1色を選び、3枚までチャレンジ宣言をしたプレイヤーに渡す
D.チャレンジ宣言をしたプレイヤーが獲得したカードの中から1色を選び、3枚まで受け取る

2.仮面テイキング

全員の出したカードの数字を比較します。
最初に一番小さい数字を出したプレイヤーが、出ているカードの中から1枚を選び得点とします。
その後、一番大きい数字を出したプレイヤーが、残りのカード全てを得点とします。
数字を比較する際、ターンプレイヤーと同じ色かは問いません。

※一番小さい数字が複数あった場合、先に出したプレイヤーが一番小さいとします
※一番大きい数字が複数あった場合、後に出したプレイヤーが一番大きいとします

得点としたカードは、手札に加えず自分の手元でオープンして置いておきます。
得点としたカードは全プレイヤーへの公開情報となります。

3.ターン終了

ターンを終了し、「1.仮面トリック」へ戻ります。
一番小さい数字を出したプレイヤーがターンプレイヤーとなります。

ゲームの終了

全員の手札が無くなったら点数の計算を行います。
点数は獲得した色ごとに計算し、その後に各色の点数を合計します。
また、獲得したカードの特殊効果の条件を達成していた場合、書かれているボーナス点を加算します。

各色で獲得した枚数が3枚以下の場合 書いてある数字をそのまま得点として計算する
各色で獲得した枚数が4枚以上の場合 1枚1点として計算する

点数の一番高いプレイヤーが勝者となります。

赤:【5】 【9】 【12】
黒:【2】 【4】 【10】 【14】 【18】
と獲得していた場合、

赤:5+9+12=26点
黒:1枚1点で5点
計31点となります。

FAQ

Q.「他のプレイヤーが出した数字を-2する」カードを一番最初に出した場合どうなりますか?

 A.既に出されたカード1枚にのみ効果を発揮します。最初に出した場合は何も起こりません。
  「他のプレイヤーが出した数字を+2する」カードも同様です。

Q.一番最初に赤の11を出した場合、フォローすべき色は何色になりますか?

 A.赤になります。全ての色ではありません。

Q.青の16が出た場合、次のターンプレイヤーは誰になりますか?

 A.一番大きな数字を出したプレイヤーになります。

Q.「チャレンジ」の際、受け渡しするカードが0枚でもいいですか?

 A.はい。「1枚も渡さない」、「1枚も受け取らない」も可能です。