Duel Academyのコミックマーケット86頒布予定オリジナルカードゲーム
「関羽これくしょん-関これ-」の詳細ページです。

「関羽これくしょん」とは?

「関羽これくしょん―関これ―」は、横山光輝三国志や恋姫†無双、一騎当千などの
個性豊かな関羽「関娘」を収集・育成・編成して、あなただけの無敵
連合関隊を目指す、関羽育成型シミュレーションゲームです。

プレイ人数

3~6人

プレイ時間

1ゲーム約30分

ゲームの目的

神経衰弱で最も多くの関羽を集める

別途準備するもの

6面ダイス1個~2個
(スマートフォンのダイスロールアプリ等でも代用可能です)

同梱されているカード

「関羽これくしょん」には72枚のカードが封入されています。

  • 関羽カード(72枚)
     コレクション用の関羽達です。
     全6種類の関羽が同じ枚数入っており、それぞれ1~6の数字がついています。
  • 横山光輝三国志 1~6が各2枚ずつ 計12枚
    一騎当千 1~6が各2枚ずつ 計12枚
    恋姫†無双 1~6が各2枚ずつ 計12枚
    真・三國無双 1~6が各2枚ずつ 計12枚
    蒼天航路 1~6が各2枚ずつ 計12枚
    覇-LORD- 1~6が各2枚ずつ 計12枚

ゲームを遊ぶ前の準備

全ての関羽カードをシャッフルし山札とします。
また、6面ダイスを山札の周辺に置いておきます。

ゲームの流れ

ゲームの流れは以下のようになります。

  1. 手札配布
  2. 初期配置
  3. 開戦
  4. 作戦行動
  5. 追撃
  6. ターン終了
      ※以下、ゲームの終了条件を満たすまで3~6を繰り返す
  7. ゲームの終了

1.手札配布

山札から各プレイヤーにカードを配布します。
参加している各プレイヤーに応じて、最初の手札の枚数が変化します。

参加人数 手札枚数
3人 8枚
4人 6枚
5人 5枚
6人 4枚

2.初期配置

手札とは別に、場に5×5枚で山札からカードを裏向きに並べ、【戦場】を用意します。
余ったカードは山札として置いておきます。

  【戦場】
■■■■■
■■■■■
■■■■■
■■■■■
■■■■■

その後、ジャンケンやダイスロール等で最初のターンプレイヤーを決定します。
ゲームは時計回りで進行します。

3.開戦

ターンプレイヤーは、最初に戦場の中から1枚を選びオープンします。

4.作戦行動

カードをオープンした後、プレイヤーは下記の「A~E」の5つの行動の中から1つを選択します。
A.出撃
B.援軍
C.偵察
D.開発
E.奇襲

A.出撃
他の戦場のカードから1枚選びオープンします。
オープンされた2枚のカードが【同じ関羽かつ同じ数字】だった場合、
その2枚のカードをゲットし、「5.追撃」に移行します。
また、ゲットしたカードに特別な効果が書いてあった場合、それに従います。

※ゲットしたカードは自分の前に表向きに並べておきます。
※ゲットしたカードは全プレイヤーに対する公開情報です。

オープンした2枚が違うものだった場合、同じ場所に裏向きに戻し、「6.ターン終了」に移行します。

B.援軍
自分の手札から、オープンしたカードと【同じ関羽かつ同じ数字】のカードを出すことができます。
その2枚のカードをゲットし、「5.追撃」に移行します。
また、ゲットしたカードに特別な効果が書いてあった場合、それに従います。

援軍は自分の手札に該当するカードが無い場合行うことができません。

C.偵察
他のプレイヤー一人に、「手札にオープンしたカードと【同じ関羽かつ同じ数字のカード】があるか?」を質問します。
質問されたプレイヤーは、手札に該当するカードがある場合そのカードを公開します。
偵察を行ったプレイヤーはその2枚のカードをゲットし、「5.追撃」に移行します。
また、ゲットしたカードに特別な効果が書いてあった場合、それに従います。

質問されたプレイヤーが手札に該当するカードを持っていない場合、その旨を宣言します。
オープンしたカードを同じ場所に裏向きに戻し、「6.ターン終了」に移行します。

D.開発
自分の手札の中に【同じ関羽かつ同じ数字】のカードがある場合、その2枚を出すことができます。
その2枚のカードをゲットした後、オープンしたカードを同じ場所に裏向きに戻し、「5.追撃」に移行します。
また、ゲットしたカードに特別な効果が書いてあった場合、それに従います。
その後、オープンしたカードを同じ場所に裏向きに戻します。

開発は自分の手札に該当するカードが無い場合行うことができません。

E.奇襲
自分の手札からカードを1枚公開し、全ての他のプレイヤーに対し
「手札に公開したカードと【同じ関羽かつ同じ数字のカード】があるか?」を質問します。
該当するカードがあるプレイヤーはそのカードを公開します。
奇襲を行ったプレイヤーはその2枚のカードをゲットし、「5.追撃」に移行します。
また、ゲットしたカードに特別な効果が書いてあった場合、それに従います。
その後、オープンしたカードを同じ場所に裏向きに戻します。

該当するカードを持っていない場合、その旨を宣言します。
オープンしたカードを同じ場所に裏向きに戻し、「6.ターン終了」に移行します。

5.追撃

「4.作戦行動」でカードをゲットした場合、再び戦場の中から1枚を選びオープンします。
その後、【出撃】【援軍】【偵察】【開発】【奇襲】のいずれかの作戦行動を行います。
追撃でカードをゲットした場合、再追撃は行われず「6.ターン終了」に移行します。

6.ターン終了

ターン終了時に下記に該当する場合、手札の『補給』及び『編成』を行います。

『補給』

  • 【援軍】に成功した場合:山札からカードを1枚引きます。
  • 【偵察】に成功した場合:山札からカードを1枚引きます。 ※質問されたプレイヤーはカードを引けません。
  • 【開発】に成功した場合:山札からカードを3枚引きます。
  • 【奇襲】に成功した場合:山札からカードを1枚引きます。 ※公開したプレイヤーはカードを引けません。

※各行動の成功は重複します
 作戦行動時に【援軍】に成功し、追撃に【開発】に成功した場合は4枚引きます。

『編成』

  • 特殊カード《編成》をゲットした、もしくは【戦場のカードが5枚以下】になった場合
    山札から戦場カードが25枚になるまで補給した後、シャッフルして初期配置に並べ直します。

◎特殊カード
関羽カードにはゲットした際に特殊な効果を発揮するものがあります。

《編成》
自分のターン終了時に、戦場のカードが6枚以上であっても
山札から戦場カードが25枚になるまで補給した後、シャッフルして初期配置に並べ直します。

《支援》
このカードをゲットした際、手札に該当のカードがある場合、
関羽や数字を問わずに挙手をします。
挙手はゲットしたプレイヤーも行います。

《索敵》
次のターンの作戦行動で【偵察】を行う際、
プレイヤー一人だけではなくプレイヤー全員を対象に行うことができます。

《夜戦》
作戦行動の前に通常はカードを1枚オープンしますが、夜戦の際はカードを2枚オープンします。
オープンした時点でカードがゲットできる場合、作戦行動は【奇襲】のみ行うことができます。
【出撃】【援軍】は、2枚のうちどちらかが同じであればカードをゲットすることができます。
【偵察】は、一人のプレイヤーに対し2枚のどちらか、もしくは両方を持っているか質問することができます。

※《索敵》《夜戦》は、最初の作戦行動時にゲットした場合は追撃の際、
 追撃時にゲットした場合は次の自分のターンの作戦行動時に効果を発揮します。

《夜戦》
このカードをゲットした際、プレイヤー一人の手札をランダムに選択して見ることができます。
見ることが出来る枚数は、自分がゲットしている関羽の数や種類によって変化します。
複数枚見れる場合、1枚の選択を複数回行うのではなく複数枚を一度に見ます。
見れる枚数が相手の手札の数を上回っている場合、全てのカードを確認します。

《演習》
演習では6面ダイスを使用します。
このカードをゲットした際、プレイヤー一人と6面ダイス1個を振り合い、
数字の大きい方が相手のゲットしているカード1組(2枚)を奪うことができます。
同点の場合、演習を仕掛けた方の勝ちとなります。

演習の際、自分のゲットしているカードによって
出たダイスの目にプラス補正が入ります。

例:下記のようにカードをゲットしている場合

横山光輝 恋姫†無双 一騎当千 蒼天航路
2枚 4枚 6枚 0枚

 「一番多くゲットしている関羽」の補正:+6
 「自分がゲットしている関羽の種類」の補正:+3

7.ゲームの終了

山札と戦場のカードが無くなったターンの終了時にゲームは終了となります。
全てのプレイヤーは自分のゲットしてるカード枚数を数え、
一番多くの関羽カードをゲットしているプレイヤーが勝者となります。
残った手札、カードに書いてある数字は集計に含みません。

FAQ