ブイノモノ

昭和二千円札

ブイノモノ

昭和二千円札のコミックマーケット100頒布予定オリジナルカードゲーム「ブイノモノ」の詳細ページです。

「ブイノモノ」とは?

自分の得意な配信ジャンルでコラボすることで チャンネル登録者数を競う正体秘匿系カードゲームです。
他のプレイヤーが配信している動画から 得意なジャンルと不得意なジャンルを推理し
自分が炎上しないようにしつつ相手を蹴落とします。

プレイ人数

3~6人

プレイ時間

1ゲーム約30分

簡単なゲーム概要

各プレイヤーに配信者カードが配られ、配られた配信者カードには「得点がプラスになる色、マイナスになる色」が書かれています。
得点カードはババ抜きの要領で同じカードが2枚揃った時に獲得できますが、
2枚のうち1枚は他のプレイヤーに渡さないといけません。
ゲーム終了条件を満たした時に一番得点が高いプレイヤーの勝利となります。

別途準備するもの

特に無し

同梱されているカード

「ブイノモノ」には80枚のカードが封入されています。

  • 配信者カード(12枚)
    配信者12名がシルエットになっているカードです。
    それぞれの配信者には色付きのサムズアップアイコンとサムズダウンアイコンが描かれています。
    サムズアップアイコンと同じ色の動画カードを獲得すると得点がプラス、サムズダウンと同じ色でマイナスとなります。
    配信者カードは裏の模様が異なっています。
  • 動画カード(68枚)
    このカードを集めて勝利を目指します。
    動画カードは赤、青、黄、緑が各14枚と黒12枚の5色存在します。
    黒はエクストラカードとなっており、点数は増えませんが特別な効果が発生します。

ゲームを遊ぶ前の準備

ゲームを開始する前に8点準備が必要です。

  1. 配信者カードのみをシャッフルし、山札とします。
  2. 動画カードをすべてシャッフルし、別の山札とします。
  3. 配信者カードを各プレイヤーに裏向きのまま1枚ずつ配ります。
    各プレイヤーは配られたミッションカードを確認後、そのまま自分の前に伏せて置いておきます。
配信者カードはいつでも確認可能です
  1. まだ配られていない配信者カードを、プレイ人数に応じて表向きに置いておきます。
    プレイ人数 表向き枚数
    3人 6枚
    4人 5枚
    5人 4枚
    6人 3枚
表向きのカードは全員共通のヒントという扱いです
ゲームには直接関係しません
  1. 動画カードをプレイ人数に応じて下記の枚数配ります。
    動画カードは手札となります。
    プレイ人数 手札枚数
    3人 15枚
    4人 11枚
    5人 8枚
    6人 7枚
  2. まだ配られていない動画カードを5枚表向きに置きます。
    残った動画カードは山札とします。
  3. ジャンケン、スーパーチャットの総額等で一番最初のターンプレイヤーを決定します。
    ゲームはターンプレイヤーが時計回りに移動します。
  4. 一番最初のターンプレイヤーから手札を好きな枚数捨て、捨てたカードの枚数分山札から引きます(マリガン)
    全員のマリガンが終了した後、捨てられた動画カードと残った山札をシャッフルし再び山札にします。
    マリガンの途中で山札が無くなった際は、随時捨てられた動画カードをシャッフルし山札にします。

ゲームの流れ

ゲームの流れは以下のようになります。

  1. 配信準備
  2. コラボ準備
  3. コラボ
  4. 配信終了

1.配信準備

ターンプレイヤーは、他のプレイヤー1人を指名し
そのプレイヤーの手札を1枚ランダムに選び自分の手札に加えます。

【2.コラボ準備】へ進みます。

2.コラボ準備

ターンプレイヤーは下記の3つのアクションのうちどれか1つを行います。

  1. 手札から同じカード2枚を公開し、カードを獲得します。
    【3.コラボ】
  2. 手札を1枚公開し、公開した手札が表向きにされている動画カードと同じである場合、
    そのカードを獲得します。
    その後、a、bどちらかを行います。
    a.更に手札を1枚公開し、他の表向きの動画カードと同様に並べる。
    b.手札を1枚選び、山札の一番下に入れる。その後山札から動画カードを1枚表向きに並べる。
    【3.コラボ】
  3. 手札を1枚公開し、公開した手札が表向きにされている動画カードと異なる場合、
    表向きのカードを1枚選び手札に加え、公開したカードを他の表向きの動画カードと同様に並べます。
    【4.配信終了】

3.コラボ

獲得した動画カード2枚のうち1枚を自分の前に並べ、もう1枚を他のプレイヤーの前に並べます。
この際、【1.配信準備】でカードを引いたプレイヤー以外にカードを渡しても構いません。

獲得した動画カードは全て公開情報です

また、黒い「エクストラカード」を獲得した場合、その指示に従います。
エクストラカードは他のプレイヤーに渡さずそのまま捨て札にします。

配信カードのサムズアップ、サムズダウンは各色3人までとなっています。
ゲーム準備時に表にした配信者カードの情報が参考になるかもしれません。

自分の配信者カードが赤のサムズアップで赤のサムズアップ配信者カードが2枚表になっていれば、
他のプレイヤーにとって赤は点にならないかマイナスということになります。

【4.配信終了】へ進みます。

4.配信終了

ターンプレイヤーが左隣に移り、【1.配信準備】から繰り返します。
また、ゲームの終了条件を満たした場合、【ゲームの終了】に移ります。

ゲームの終了

下記3つの条件を一つでも満たした場合、ゲームが終了となり得点計算となります。

  1. 誰もカードを獲得せず2周した場合
  2. 手札が0枚の状態でターンプレイヤーを迎えた場合
  3. 山札の動画カードが全て無くなり、かつ表向きに置かれている動画カードが全て無くなった場合

【Aのゲーム終了例】
A(ターンプレイヤー)、B、C、Dの4人のプレイヤーがいます。
全てのプレイヤーが手札と表向きの動画カードの交換を行った場合、A→B→C→D→A→B→C→D

で、Dのターンが終了した時点でゲームの終了となります。

獲得した動画カードを元にチャンネル登録者数の計算を行い、勝者を決定します。

登録者数計算

ゲームの終了時、全てのプレイヤーは裏向きの配信者カードを表向きにし、計算を行います。
配信者カードに書かれたサムズアップの色の動画カードはプラス
サムズダウンの色の動画カードはマイナスとなります。
他の2色は何枚持っていても0点です。
「×2」のカード獲得していた場合は、色の合計を行った後、プラスでもマイナスでも2倍にします。

登録者数の合計が一番多かったプレイヤーの勝利です。

【キ○ナ○イの場合】
サムズアップ:青 サムズダウン:赤

獲得した動画カード
赤:10万、50万、×2   →マイナス120万
青:30万、30万、80万 →プラス140万
黄:10万、×2             →ゼロ
緑:50万                    →ゼロ

合計で「プラス20万」なります。

FAQ

Q.ゲームを遊ぶ前の準備で動画カードを表向きに置いた際、同じカードが出た場合はどうすればいいですか。

A.そのままにしておきます。誰かが手札と交換し再度公開するし獲得しなければなりません。

Q.コラボ準備の際、手札から公開したカードが表向きの動画カードと同じという「B」のシチュエーションですが、あえて「C」を選択し他の動画カードと交換することはできますか。

A.いいえ。「B」の条件を満たしている場合必ず「B」を行わなければなりません。

Q..エクストラカード等で同じ色の「×2」を獲得しました。点数計算時に4倍になりますか。

A.はい。4倍になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました